無痛分娩レポ!本当に痛くない?最後は自然分娩並だった?初産婦の私が実際に体験して分かったメリットとデメリット

※アフィリエイト広告を利用しています

自然分娩にするか無痛分娩にするか迷ってる人
無痛分娩って本当に痛くないのかな?
無痛分娩にしたいけど硬膜外麻酔が怖いなあ
そもそも無痛分娩って何?

そんな方々必見です!

結論から言いますと、私の場合は効きが悪かったです…

私の体験談が迷ってる方の参考になればと思います!

目次

無痛分娩の概要

無痛分娩とは

無痛分娩とは、麻酔を使って陣痛の痛みを和らげながら出産する分娩方法です。

無痛分娩の方法

  • 自然に陣痛が始まるのを待つ無痛分娩
  • 分娩する日を決めて陣痛促進剤を用いて陣痛を起こし分娩する計画無痛分娩

以上の2種類があります。

費用はいくら?

一般的に自然分娩の費用+10~15万円と言われています。
都内であれば高いでしょうし、地方であればお安くできる傾向にあります。

無痛分娩のメリットとデメリット

メリット

  • 陣痛の痛みが軽くなる
  • 血圧上昇を防ぐ
  • 緊急帝王切開になった場合にすぐに手術に取り掛かることができる
  • 出産後の回復が早い

デメリット

  • 麻酔薬により陣痛微弱となり分娩の進みが遅れる
  • 十分な効果が得られないことがある
  • 発熱や血圧低下
  • 排尿障害や神経障害
  • 硬膜外カテーテルからの感染や血腫

私が無痛分娩を選んだ理由

出産の痛みが本当に怖かった

出産を経験した人や妊婦友達と話していると
「みんな出産の痛みに耐えて産んでるんだから大丈夫よ」
「最初は自然分娩を経験しておきたい」
こんな言葉を耳にする機会が多かったです。
中には「痛みに耐えて産んだからこそ愛情が出る」という人も。

私の母も痛みに耐えて産んでくれたし、自然分娩を経験しておきたい気持ちもありました。
しかし私は未知の痛みに対する恐怖心の方が強かったのです。
痛みに耐えないと愛情が出ない?
そんなことは思いません。
十月十日お腹の中で大切に守り過ごしてきた我が子、どんな出産方法でも可愛いに決まっています。

取り除ける痛みは取るべきだと考える

生理痛で痛い時は鎮痛剤を飲むのに、なぜ出産は痛みを我慢しなければならないのか?
痛みを回避できる方法があるのであれば、積極的に使っていいのではないだろうか?
これが私の考えです。
確かにリスクは伴いますが、私にとってベネフィットの方が上回ったのです。

産後の回復とメンタルの安定

出産時の痛みを和らげることで、心身ともに負担を減らすことができるので
自然分娩よりも無痛分娩の方が産後の回復が早いと言われています。
産後はホルモンバランスにより気分が落ち込みやすくなることはわかっていますので
自分の心を守るために、負担を減らせる無痛分娩を選びました。

私の無痛分娩体験談

私の一体験談ですので、これが全てではありません。お産は個人で異なりますので参考程度にしてくださいね。

入院のタイミングと前処置

深夜2時ごろに生理痛のような痛みで目が覚め陣痛が始まりました。この時の陣痛間隔は10分くらい。
3時、病院到着しそのままLDR室へ。
4時ごろに内診、NST、浣腸、点滴の処置が行われました。
この時の陣痛間隔は5分で我慢できる痛み、子宮口は1.5㎝。
入院着に着替え、産褥ショーツとナプキンをつけ、待機です。
最初は「うーー痛いなーー」と唸るレベルの陣痛でしたが、徐々に痛みは増してきます。

硬膜外麻酔の挿入と麻酔薬を入れるタイミング、効きは?

9時になり痛みが強く吐き気も出てきましたので、硬膜外麻酔と尿カテーテルの処置がされました。
(尿カテは、麻酔により排尿困難になる可能性があるためです。)
硬膜外麻酔は痛いって聞きますよね?
私も心配していたのですが、定期的に来る陣痛の方が痛いので硬膜外なんてチクッとするくらいです(笑)

硬膜外麻酔を入れる時は背中を丸めます。
陣痛が来ていないタイミングで針を刺すので、「今来てます!」とか言いながら。
陣痛が進みすぎて背中も丸められない人は無痛ができない可能性もあるかと思います。

鎮痛剤は自分が痛ければ投与してもらえ、1時間経過すれば追加投与可能、効きが悪くなってきたら量を増やすとの説明を受けました。
効きに関してですが、最初は鎮痛剤をいれて数分で痛みが和らぎ、余裕で過ごすことができました。
お腹の張りも自分では感じません。
私の場合は、1時間で鎮痛効果が切れる感じで、1時間ごとに投与をお願いしました。
子宮口が7㎝までは麻酔がよく効いていたと思います。
しかし…17時ごろでしょうか。
陣痛の痛みが強くなるにつれて、鎮痛効果は弱まり、効果が出るまで15分以上、持続時間も20分くらいだったと思います。
鎮痛剤を入れてるのに、全く無痛じゃない!陣痛が痛すぎる!こんなの聞いてない!これは自然分娩並みじゃないか!こんな気持ちです(笑)

いざ分娩!

19時ごろにやっと子宮口が10㎝まで開き、分娩の用意に入りました。
鎮痛<<<<陣痛の痛みで、本当にこの世とは思えない壮絶な痛みでした…
無痛分娩はいきむ感覚がないと言われますが、私は痛かったですしいきむ感覚ありました(笑)
そして20時すぎに無事出産です!

体験してわかったメリットとデメリット

メリット

  • 陣痛の痛みを和らげ、穏やかに過ごせる
  • ご飯を食べたり、睡眠を取ったり、体力温存できる
  • 会陰切開は全然痛くなく、縫う時に痛かったら麻酔を入れてもらえる(私は麻酔を入れてもらいました)

デメリット

  • 鎮痛効果には個人差があり、全然効かない可能性もある
  • 麻酔薬にもよると思うが、痛くても1時間経たないと投与してもらえない
  • 背中に硬膜外カテーテルが入っていて地味に痛い(陣痛で痛いのに背中が気になって仕方なかったです)

私が思う無痛分娩を選ぶべき人、そうでない人

選ぶべき人はこんな人

  • 少しでも痛みを軽減したい人
  • 出産に対して恐怖心が強い人
  • 無痛分娩の効果について十分に理解している人

選ばない方がいい人

  • 100%の鎮痛効果を望む人
  • 麻酔が効かないなんて事、自分には起こらないと高を括っている人

まとめ

それでも無痛分娩を選んで良かった!

私は最後まで無痛というわけではなかったですが、それでも無痛にしてよかったです。
ある程度の陣痛には鎮痛効果があり、快適に過ごせたのも事実ですからね。
もし次出産するとしても、可能であれば無痛分娩を選ぶと思います!

この記事が、無痛分娩にするか迷っている人への一意見として参考になると嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

明るく楽しく過ごしたい!
0歳の娘を育てる新米ママ

コメント

コメントする

目次